川が好き 2

  • 2018.07.22 Sunday
  • 19:15

 暑い。何しろ暑い。嫌になった。たださえも暑さに弱いのにこの暑い日々。3キロやせた。

 

                  

 

 先週末はバンドの練習予定でした。O君に電話します、「そっちどーよ」。O君は疲労を感じさせる声で答えます、「無理です、オレの部屋の温度は43℃です。帰ってこないでください。バンドの練習なんかできません」。せっかく曲も作ったのに残念。真夏の高崎市は夜中でも35℃近いことがざらです。しかし私の実家の、私の部屋にはクーラーがありません。そしてもはや弟だけが住む廃墟と化した実家の、たまに帰るだけの私の部屋に新たにクーラーをつけることは無駄です。つまりこのまま帰っても死ぬだけです。判りましたよ、ってな訳で松本にいる事としました。高崎に行って、バンド練習して、汗かいて、Beeで漬かるほど麦酒呑んで、渇いたまま帰宅して、35℃の中で寝る。やはり死ぬだけですな。

 じゃぁ暑い日々をどのようにやり過ごすか。まずは古人の知恵を借りましょう。安曇の山中にある「風穴」へ出向きました。

 

                  

            

                  

 

 まぁ、何と言いますか、自然を利用した冷蔵庫とでも言いましょうか。内部はかなり涼しい、というより寒いほどです。イイッ、イイよ、「風穴」。オレ、寒いの好き。オレ、暑いの嫌い。奥には地元の日本酒が保存されていました。買おう。絶対に買おう。昔の人はいい知恵を持っていたなぁ。感心しました。「風穴」の入り口前に「クマに会ったらゆっくりと後ずさりしましょう」なんて書いてある看板がありました。このアドバイスを守るのは難しい。

 

                  

 

 

 で、本日は大町方面にある国営公園へ行きました。川遊びが目的です。川が好きなんです。

 

                  

  

 

 森を歩いて歩いて川を目指します。途中に数か所、「クマよけのためにこの鐘を鳴らせ」なんて言うモノが設置されていて、少し、いや、かなり臆病になりました。子供達は無邪気に、何も考えずに「カランカラン」と鳴らします。もっと鳴らせ。しかし、長野県はクマだらけですな。

      

                  

 

                  

 

                  

 

 

 歩く事しばらく、森が途切れ、水の流れる音と共に突然に景色が開けました。

   

                  

 

 涼しい風景です。早速川に入ります。冷たすぎるくらいで丁度いい。

 

                  

 堪能しました。子供達も流れに身を打たれ修行僧のようになっておりました。少しだけ得が上がったような表情です。

 

 早くこの暑さが過ぎますように。困っている人が大勢いますからねぇ。

 

 

 帰りの車中でCDに合わせて子供達が歌います。ご機嫌な音楽をオモチャの楽器だけで演奏している素敵なバンドです。子供達は最近この曲がお気に入りです。私も大好きです。この感じで夏が乗り切れるかなぁ。

 

            

 

 


 

 

 

               

                  

 

 

 

                  

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

dancing in the street
dancing in the street (JUGEMレビュー »)
Martha Reeves & The Vandellas

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

仁輪加
仁輪加 (JUGEMレビュー »)
サンハウス,柴山俊之,鮎川誠

recommend

recommend

recommend

recommend

第3回全日本フォークジャンボリー’71
第3回全日本フォークジャンボリー’71 (JUGEMレビュー »)
オムニバス,岩井宏,なぎら健壱,加川良,吉田拓郎,六文銭,あがた森魚,野沢享司,高田渡,岡林信康,遠藤賢司

recommend

recommend

伝説のデルタ・ブルース・セッション1930
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930 (JUGEMレビュー »)
サン・ハウス&チャーリー・パットン

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

川本真琴
川本真琴 (JUGEMレビュー »)
川本真琴,石川鉄男,岡村靖幸

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM