だから言ったでしょう

  • 2018.05.31 Thursday
  • 16:20

 連日報道で騒がれている「悪質タックル」問題。

だから言ったでしょう、「暴飲暴食 SO WHAT 2」http://blog.marufuji.dental/?page=4&cid=18でも記しましたが、「部活」なんてものは下らない事極まりなしですよ。小学校、中学校、高校、大学、どこの部活でも下らないに決まっている。

 「一つのことに打ち込む素晴らしさ」、「礼儀を学ぶ良い機会」、「社会に出ても役立つ精神」、「健全な肉体」。

 「それ以外の事が出来ない」、「年上が絶対で服従が喜び」、「あまり物事を深く考える訓練をしていないのでストレスが溜まらない」、「丈夫に見えても実は襤褸」。

 先日、車の信号待ち時に、小学校の校庭で運動会の練習をしている風景に出くわしました。勿論部活ではありませんが、全体で行進、前に習え、列を崩さず静止しろ、ってな風景です。冷静に見ていると、お近くのどっかのお国でやっていることと同じだし、日本でやってもやはり何かコワい。軍国教育の名残か。もう小学校低学年からこんなことさせられていたんだなぁ。考えすぎでしょうか。

このまま進行した場所に「部活動」もとい「部活道」があるんでしょう。

 野球のスター選手が、現役末期からどんどん悪趣味な服装になっていき、引退後に刺青を入れて、結局「おクスリ好き」になって逮捕されたことがありました。この選手は「幼少時代から野球だけをやってきた」と、最近のインタビューで少し後悔気味に語っていました。

 「国技」という言葉に騙されて神聖化していますが、実はただの「肥満体のぶつかり合い」な競技がありますよね。あそこらあたりでも「暴力」や「策略」に満ちた問題が露呈したことがありました。みんなが忘れかけているので、ほぼ「無かったこと」になりつつありますが。この競技で上の位置にいる人達もかなりの年少時から「肥満体のぶつかり合い」に青い春を費やしてきたことでしょう。しかし不健康な「国技」だな。

 レスリングにも「パワハラ問題」なんてのがありました。当事者のみならず、どこかの大学学長さんの偉そうな態度も問題になりました。

 私の好きなボクシングにも「転落しちゃった」方々がたくさんいて、たくさん新聞に載りました。

 こんな例は枚挙に暇がないです。勿論様々な人がいて、様々な人生があることは承知です。あらゆる場面に「善人と悪人」がいるでしょう。しかし、しかし、「部活」が下らない事は間違いない。先生も生徒や学生も何だか疲れている例が多くないですか。「文化系部活」のことは存じ上げませんが。

 「何もやらない」よりは「部活に打ち込む」ことがいいのか、「程度の問題」なのか。判らないけど「部活」はクダラナイ。「スポーツ」をやっている若人に「イイ人」が多い気がすることもありますが。難しい。

 

 連日報道で騒がれている「悪質タックル」問題。しかしどいつもこいつも悪人だな。

 

 かなり前にどこかの記事で面白い評論がありました。詳細は忘れてしまいましたが、要は「日本のサッカーファンはやさしすぎる。だから日本チームが強くならない」という旨でした。「日本のサッカーチームが海外で試合をして負けてしまう。その後帰国した際の空港ではファンが笑顔で『よくやった』とか『次は頑張れ』と励ます。しかし、サッカー熱の強い南米では不甲斐ない試合をして帰国すると怒り狂ったファンが生卵や瓶を投げつけてくるし、時には命さえ狙われることがある」ということが書かれていたような記憶があります。南米が正しい、とは思いません。むしろ「バカ」だと思います。しかしこの評論文を書いた人は「南米スタイルが日本のチームを強くする」と暗に言っている気がします。だから、やはり「バカ」だと思います。

 

 運動は良いモノです。確かにストレスが発散されるし体調が整います。でも、やるのも応援するのも「ほどほど」がイイコトでしょう。誰もが「イチロー選手」になれる訳はありません。なれる自信がある人だけ「一つのことに打ち込む」のがいいでしょう。「肥満体」競技も掲げている言葉だけは立派です。「心・技・体」。まさにその通り。これは大事な事だと思います。一つ間違うと、少し前の「マイク・タイソン選手」になってしまいますから。言い方を変えれば誰もが「マイク・タイソン選手」にはなれます。いとも簡単に。厳密には誰もが「マイク・タイソン選手のような強いボクサー」になれる訳ではありませんが、「(昔の)マイク・タイソン選手のような壊れた価値観と壊れた行動」は誰もが明日からでも実践可能です。これまた余談ですが、10年くらい前に、「自分の家の隣にマイク・タイソンが住んでいたらかなり嫌だよなぁ」と、O君と酒の肴話をしたことがありました。この気持ちは今でも変わりません。隣が「共産党さん」で良かった、「マイク・タイソン」じゃなくてよかった。

 

           

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

dancing in the street
dancing in the street (JUGEMレビュー »)
Martha Reeves & The Vandellas

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

仁輪加
仁輪加 (JUGEMレビュー »)
サンハウス,柴山俊之,鮎川誠

recommend

recommend

recommend

recommend

第3回全日本フォークジャンボリー’71
第3回全日本フォークジャンボリー’71 (JUGEMレビュー »)
オムニバス,岩井宏,なぎら健壱,加川良,吉田拓郎,六文銭,あがた森魚,野沢享司,高田渡,岡林信康,遠藤賢司

recommend

recommend

伝説のデルタ・ブルース・セッション1930
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930 (JUGEMレビュー »)
サン・ハウス&チャーリー・パットン

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

川本真琴
川本真琴 (JUGEMレビュー »)
川本真琴,石川鉄男,岡村靖幸

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM