よかった よかった

  • 2017.01.08 Sunday
  • 18:57

 11月に緊急入院したBeeの店主Sさん。「大丈夫かなぁ」と思っていた12月のある日、O君から電話がありました。「Sさんが退院したらしいですよ。早速店にも出ているらしいです」。それは良かった。バンドの練習後にBeeに行ってみる事にしました。おそらくリハビリもかねての営業であろうから、少しスケールの縮んだ様子のSさんが「ゴホッゴホッ」とかセキをしながら、鈍い動作で酒を作っている光景を想像していました。しかしそこで見たのは、ホントにもう、何と言うか脱力する光景でした。8分入りの店内の中央に座り、臨時従業員の女性2人にあれやこれや指図しながら、タバコを吸いウイスキーを飲むSさんがいます。「おー、よく来たな。まぁここに座れよ。麦酒でイイよな。よぉー、こいつらに麦酒やってくれ」と対面に私達を座らせながら、臨時従業員さんに叫んでいます。瓶麦酒を呑みながらO君がSさんに言いました。「大丈夫ですか、病み上がりに酒とタバコなんかやって。そもそも何の病気だったんですか」。Sさんは「あんなぁ、死ぬかと思ったよ。心不全だったんだよ。自宅で倒れて救急車だよ、運ばれたよ。手術もしてさぁ。でもさ、オレさ、酒もタバコもやめないよ。音楽と酒とタバコは『生活』だからな。正直なところ『死んでもイイや』と思ったしなぁ。好きなことやってきたから『死んでもイイや』って思ったよ。酒もタバコも好きなだけやって、そのくせいざとなったら『死にたくありませーん』って言うんか、Oは。大体さぁ、Oはさぁ、弱気なんだよなぁ。ちょっと体が弱ったからって『酒もタバコもやめますよ』か。えー、どーなんだ」。Sさんを心配していたO君は逆に説教され始めました。Sさんは続けます。「それになぁ、何日も店を休んだりできねぇんだよ。生活できねぇんだよ、それじゃ。判るか、これが。まぁ、なんだ、俺が死にかけたって事でみんなが心配して来店するから儲かるしなぁ。フフッ」。何でしょうか、一体、この人は。私はそこでふと聞いてみました。「自宅で倒れて、そんで誰が救急車を呼んだの」。Sさんは自慢げに「俺だよ。自分で119だよ。苦しくて、苦しくって、『死ぬのかなぁ、死んでもイイや』って思いながら電話まで這って行って自分で119だよ。スゲーだろ」。さらに聞いてみたくなりました。「『死んでもイイや』って何度も思ったのに、何故に救急車を呼んだの」。この意地悪な質問にSさんはこう答えました。「おー、なぁ、ホントなぁ、もう一本麦酒呑むか、どーなんだ、おー、そうだ遠藤賢司でも聴くかっ」。O君は「死にかけ詐欺、死ぬ死ぬ詐欺ですよ、こんなん」と憤っています。死にかけゴロです。しかし、しかし、ホントに復帰してくれて良かったです。この日も午前3時まで麦酒を頂きました。この日の飲み代は、臨時従業員の確かな会計により8000円でした。余談ですが臨時従業員のうちの一人はBeeの階上でSKINを切り盛りしていた店主のMさんでした。「久しぶりじゃん」と笑うMさんは少しだけ体型も人柄も丸くなった気がしました。もう一つ余談ですが、何故わざわざ「確かな会計」と記したか、これには訳があります。O君とBeeに出向き、例えば朝の5時くらいまで麦酒を呑み続けたとします。「2人で20本以上飲んだかもしれない」って時の会計が「6000円(2人で)だ」と言われたり、「今日は2人とも風邪気味であんまり飲まなかった。全部で7、8本かなぁ」って時の会計が「7000円だ」と言われたりするのです。ある晩、泥酔したSさんに聞いてみました。「ねぇSさん、ココの会計ってかなりいい加減じゃないの。俺たちかなりボラれてる時があるような、かなり得してる時があるような、不思議な会計だよね」。Sさんは左右に体を揺らしながら言いました。「こまけぇ事言うんじゃねぇよ。あんなぁ、教えてやるけどな、お店の事情を」。さらに続きます。「お前ら税金払ってるか、そーだよな、払ってるよな。でもな、この店に来る奴らの殆どが税金を払ってねぇ、払えねぇ貧乏な奴らなんだよ。そんな奴らからそんなには金取れねぇだろう。だからお前らから取る時があるんだよ。その日の客の人数とかこっちの事情とかで会計が変わるんだよ、判ったかバカヤロー」。ビックリしました。スゲー事情だ。しかし、何故か、これを聞いてすっきりしました、このバカヤローは。こっちだってかなり貧乏人ですがねぇ。O君は「何だそりゃ。そんなら言うけどな、店にいる奴等が呑む酒の何割かはオレたちのおごりじゃねぇか」とあきれています。まぁそーですが、少し笑える「お店の事情」です。Beeにはお世話になっているので、少しくらいは、少しくらいはイイですが。

 とにかくSさん元気でいて下さい。今年も来年も、もっと先々までよろしくお願いします。

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

dancing in the street
dancing in the street (JUGEMレビュー »)
Martha Reeves & The Vandellas

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

仁輪加
仁輪加 (JUGEMレビュー »)
サンハウス,柴山俊之,鮎川誠

recommend

recommend

recommend

recommend

第3回全日本フォークジャンボリー’71
第3回全日本フォークジャンボリー’71 (JUGEMレビュー »)
オムニバス,岩井宏,なぎら健壱,加川良,吉田拓郎,六文銭,あがた森魚,野沢享司,高田渡,岡林信康,遠藤賢司

recommend

recommend

伝説のデルタ・ブルース・セッション1930
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930 (JUGEMレビュー »)
サン・ハウス&チャーリー・パットン

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

川本真琴
川本真琴 (JUGEMレビュー »)
川本真琴,石川鉄男,岡村靖幸

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM