暇飲酒

  • 2020.04.02 Thursday
  • 16:09

 ライブハウスダメ。スポーツジムダメ。居酒屋ダメ。しかたがない、しかたがない。ワタクシはどこに行けばいいのでしょうか。ワタクシの生活範囲はすべて危険区域になってしまいました。家でじっとしていましょうか。仕事が終われば飲酒するのはいつものことですが、運動量が減ったせいで、やや、いやかなり飲酒量が増えた気がします。麦酒と熱燗ばかり飲んでいます。あぁ美味しい。少しばかりうんざりしながら、ややあきらめが入りながら、連続酩酊しております。こんな時こそいつもと違うお酒や読んだことのない本、いつもと違う音楽に手を出してみます。

 

     

             

             「麦酒 10本目」で記した「ささら」で頂いた系譜のお酒

 

 この日本酒、冷でも熱燗でも止まらない。躊躇いなく2本目も購入。お銚子と御猪口も購入。長野県が誇る日本酒の一つだと思います。良いお酒ですが、飲み手が品なく呑んでおります。杜氏さん、すいません。

 

 

 

 

                 

              死んだ父の本棚から勝手に持ってきた本です

 

 

 さすがに高名な作家さんです。感性鋭く、そして言葉を知る人はこんな風にものを見ているのかと、凡人の極みな自分を再発見してしまいました。自分を恥じたところで何も変わりませんが。

 

 

 

            

              

              100年以上も前に、すでに女性は強かった

 

 

 「自由奔放」はとても「不自由」かつ「人生がすり減る」ようです。28歳で憲兵に殺される、そんな人生は現代だとどの様な立ち位置なのでしょうか。まったく判りません。そもそも現代では「成り立たない」生活でしょうか。この本の主人公さんは何に対しても「うるせえよ」です。少しばかり「イヤな女」です。少しばかり「幼稚でわがまま」です。こんな生活態度は昔だったら大変だったでしょう。想像に難くないものです。しかしそれでもこんなに背筋が強く伸びている女性は少し怖い。自我の確立が明確過ぎて少し怖い。貧弱思想の私には少し、いや、かなり怖い。そしてうらやましい。

 

 

 

 

 家にいるときは音楽があると読書も料理も進みます。私の脳内TPOに合わせてレコードやCDを選びます。妻と長女は「うるさいッ」と迷惑そうですが、次女と私は各々何かをやりながら鼻歌まじりに良い調子です。この混乱真っ最中の春に夏の感じが強い沖縄民謡のCDを購入しました。考えてみれば、考えなくとも、沖縄にも1月から12月があるので、こちらが春夏秋冬のうちの夏だけに沖縄音楽を聴きたくなるのも滑稽です。それはともかく沖縄民謡を購入しました。ジャケットで選びました。格好の良さで選びました。「ジャケットがイイと中身もイイ」ことは何度も説いておりますが、今回も御多分に漏れずです。

 

 

             

              50年以上前の音源らしいです 時代も写真もブルーノートと重なります  

 

 

 CDプレイヤーに入りっぱなしです。重くも軽くもなく、どことなくお経みたいに感じてしまいます。綺麗で面白い音楽です。そんな感想しか言えない自分がこれまた恥ずかしいものです。

 

 

 

 

 反省の多い狂乱の春です。「仕方なく家にいる」ことは「反省」や「自己閲覧」の良い機会かもしれません。ある意味有意義です。でも、でも、やはり、色んな人達と酔っ払って、歩いて、唄って、体を動かしたいものです。こんなのいつまでか。

 

 

 こんなのいつまでかは知らないけれどお外に出たい、そんな私の子供達の声に応えてみました。判ります、その気持ち。「比較的安全」という曖昧な場所に連れて行きました。 

     

 

             

              晴れた日の公園は大賑わいです どこの家でも一緒のようです

 

 

             

              縄手は外人さんが少なく、やはり親子連れが目立ちます

 

 

             

              諏訪湖の周りを走りました 子供らと久しぶりに「全力疾走」しました

 

 

             

              雪の松本空港です そりを持って訪れました

 

 私達以外にはスノーボードをやっている3人の若者がいるだけでした。彼らはうらやましくなるほど楽しそうでした。張り合うように私達も楽しく斜面を滑りました。

 

             

              大喜ぶ娘達です 「帰りたくない」と愚痴ります

             

 

 

 予定していたライブが延期になってしまいましたが、この狂乱騒動が終息した暁には、ぜひとも乱痴気騒ぎたいと思っております。

 これから桜でも見て、狂った春が終わりまた平穏な日々が戻ってくることを想い願いながら、地味に日頃を過ごしていこうと思います。皆様も御自愛のほどを。トイレの紙は在庫があるそうですよ。そんなに買わなくてもよさそうですよ。マスクのことでケンカしないでください。ミルマスカラスかドスカラスのマスクなら購入できるかもしれません。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

dancing in the street
dancing in the street (JUGEMレビュー »)
Martha Reeves & The Vandellas

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

仁輪加
仁輪加 (JUGEMレビュー »)
サンハウス,柴山俊之,鮎川誠

recommend

recommend

recommend

recommend

第3回全日本フォークジャンボリー’71
第3回全日本フォークジャンボリー’71 (JUGEMレビュー »)
オムニバス,岩井宏,なぎら健壱,加川良,吉田拓郎,六文銭,あがた森魚,野沢享司,高田渡,岡林信康,遠藤賢司

recommend

recommend

伝説のデルタ・ブルース・セッション1930
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930 (JUGEMレビュー »)
サン・ハウス&チャーリー・パットン

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

川本真琴
川本真琴 (JUGEMレビュー »)
川本真琴,石川鉄男,岡村靖幸

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM