春 4

  • 2019.04.07 Sunday
  • 18:10

 1ヶ月ぶりにバンド練習を行いました。1時間だけの濃厚な音楽時間を過ごした後はBeeへ。O君とO君の友人女性を交えてハイボールと麦酒を呑みました。酔うと時間がすぐに過ぎる。気づけばもう明日になります。

 O君が言います、「ラーメンを食べに行きましょう」。私は猫舌だからラーメンが好きではありません。ましてやもう午前3時過ぎです。食事する時間ではないでしょう。しかし、O君は制御できない食欲のために、粘着性の言葉と態度で私をラーメン屋に誘おうとします。「大丈夫、つけ麺があるし炒飯もありますよ。猫舌でも大丈夫」。炒飯はともかくO君が出向こうとしているラーメン屋は人気のチェーン店で夜中でもかなり混んでいます。以前に一度、やはりO君に誘われて行ったことがありました。「もうほとんど朝」な時間でも店内は酔客で混雑してうるさく、それにかぶさるように店員の声が無駄に大きいのです。隣の酔客がぶっ壊れた声で「ドワッハッハッ−、マジでぇー、チョウヤバイじゃん、それマジヤバイじゃん」とか言っちゃって、店員は無表情なまま(そのように教育されているのか)怒鳴るように「アイッ、イラッチャイマセーッ、アリヤトシマイマシターッ、アッ、チュウモンマチガエテチマイマチタッ、ツイマセンねー」とか店内そこらじゅうで言っちゃって(名札から察するに日本人の店員さんですよ)。そんなところで、しかもまったく好きでないラーメンなんて食べてもうれしくない。炒飯は静かに食べたい。食事は少しヒソヒソ声でしゃべるくらいの場所で食べたい。しかし、私の繊細な食事感を無視して、無神経な食事感のO君はラーメン屋へと足を向けます。件の店の前まで来てみると、やはりO君と同じような食事感を持つ酔客で満員の店内です。私はほっとして「混んでいるから、座れないだろうから、今日はあきらめて帰りましょう」と言いました。しかしO君は「そばにもう一軒ラーメン屋がある。そこはラーメン以外にも品が多いから藤崎さんも大丈夫」と無用な気遣いとともにそちらに向かいます。その店もやはりやはりO君に連れられて入ったことがありました。覚えています。「ラーメンは嫌だ」と言う私に、O君やその他夜中にラーメンを食べるガサツな人々が「んじゃ炒飯か油そばを食え」と言うから、「油そば」とかいう体に悪そうなものを頼みました(この話は以前に記した事があります)。ガサツな皆さんが注文したラーメンや炒飯が届き食べ始めます。そして食べ終わります。しかし私の油そばは届きません。まったく届きません。知人が「こりゃおかしいな、注文忘れているなぁ」と言い、顔見知りであるらしい店員さんに「なぁ、油そばの注文は通っているか」と聞いてくれました。他に客がいないのでボーっと中空を眺めていた店員さんの答えは、「あっ、通っていませんね」だって。どこぞにでかけて、店に入って、そんで店員さんに対して、「オレ様はお客様だ、判ったのかっ」と偉そうにするのはいけません。客と店はお互いにリスペクトを忘れてはいけません。私もある種「お客さんあっての職業」ですから己の態度を戒めるようにしています。しかしですね、「通っていませんね」と悪びれずに言われて、食べ終わった人達に見られながら特に好きでもない「油そば」をすすって、翌朝腹遺体になるわけです。自己責任に負う所が大きいことは承知ですが、やはり午前様のラーメン屋は鬼門です。良いこと無い。それはともかくその「もう一軒」の方へ出向きました。空いています。O君は電話でBeeのマスターN君とSさんを誘い合流しました。4人で座り注文します。O君は「つけ麺」、N君とSさんは「水餃子」と「ポテトフライ」、私は「春巻き」と「ポテトフライ」。ハイボールを呑みながら届いた品を食べました。O君はかなりのしかめっ面で麺をすすり、「これからい、ホントカライ」と愚痴っております。春巻きは美味しかったです。冷めてて私にも食べられます。OK。

 新聞配達のバイクが走り始めました。もう帰りましょう。またもやN君が注文した麦酒が「通っていませんね」らしく届きませんでしたがもう朝です。

 

 なんだかんだ文句を言いながらも楽しい夜でした。また朝方まで飲酒してしまった。「ツイマセンねー」と思いました。

 

 

             

             「撮って、撮って」と言うから撮りました

              デジカメなのに「フイルムを無駄にした」と思いました

 

       

             

             同様の写真です  何の意味があるのか判らないスナップ

 

 

             

             食後の写真   皆さん胃が健康そうですな

 

 

             

             

             高崎はすでに桜咲く    いやだなぁ、春だなぁ

 

 

             

             桜が咲いても「さぁ始まるぞ」な感じはすでにありません

 

 

 

             

             松本の桜はもう少し先になりそうです  嫌だなぁ、春とか夏とか

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

dancing in the street
dancing in the street (JUGEMレビュー »)
Martha Reeves & The Vandellas

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

仁輪加
仁輪加 (JUGEMレビュー »)
サンハウス,柴山俊之,鮎川誠

recommend

recommend

recommend

recommend

第3回全日本フォークジャンボリー’71
第3回全日本フォークジャンボリー’71 (JUGEMレビュー »)
オムニバス,岩井宏,なぎら健壱,加川良,吉田拓郎,六文銭,あがた森魚,野沢享司,高田渡,岡林信康,遠藤賢司

recommend

recommend

伝説のデルタ・ブルース・セッション1930
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930 (JUGEMレビュー »)
サン・ハウス&チャーリー・パットン

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

川本真琴
川本真琴 (JUGEMレビュー »)
川本真琴,石川鉄男,岡村靖幸

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM