そば祭り

  • 2017.10.10 Tuesday
  • 22:33

 連休という事で高崎からO君がやって来ました。電車で。電車はイイよねぇ。とにかく車中で呑んで酔っぱらったO君がやって来ました。「そば祭り」に「ぜひ行きたい」との事で。残念なことに、O君が結構参加していた「ビールフェスティバル」は今年開催分が中止。そのかわりに「そば祭り」にいらっしゃいました。着いたのは土曜日の9時過ぎ。「そば祭り」は明日行くとして今夜はどーしますか、えぇ、当然のこと呑みます。しかしなぜだか行きたい店は軒並みお休み。仕方ないからただ単に「空いているお店」に入ります。美味しいけれど何だか拍子抜け。場所を変えてショットバーに行き美人さん達と合流。O君やや硬めの表情。いくつになっても女性が苦手な様子です。チェリーボムです。永遠のローティーンです。しかしジャックダニエルを呑み終わったあたりからお調子者になっていきまして、体調不良を訴えるお嬢さんの体を「職業上」という免罪符をかざして、ここぞとばかりに、法律に触れない範囲で触れています。O君が「好意」を寄せる「私の体」に触れる時程ではないにしても、「ここだな、ここいら辺りが問題だな」とか何とか言いながらタッチしています。「行為」か「好意」かは違いますが。そーです、「ここいら辺り」や「そこいら辺り」が何時だって問題だ。問題だらけだ。O君、イイ顔してるよ。何を照れて、何を初々しい面して、何をしとるんじゃ。そんでも酔っぱらって、ふらついて、ハイ、今夜はおひらき。私の家で音楽を聴きながら麦酒を呑みなおし。おやすみなさい。

              

 

 翌朝は午前11時前に「そば祭り」会場の松本城へ。あぁー、もう並んでいる、こんなに沢山の人々が並んでいる。私もO君も「並ぶこと」が苦手です。「ソ連じゃないんだから」。O君が言います、「一応『そば祭り』には来た。もうイイ、充分。『にわかそばマニア』が来やがるから『オレみたいな本物』がそばを喰えねえんだよなぁ」。そーですか。露店で麦酒を買いました。で、お城付近のありふれたお蕎麦屋さんで「ざるそば」。「結構美味いじゃないですか」。私もそう思います。次のお店へ。やはり「ざるそば」。「ここも結構美味いじゃないですか」。私もそう思います。次のお店へ。やはり「ざるそば」。「美味いじゃないですか、もう『祭り』じゃなくてこっちでイイじゃないですか」。私もそう思います。余談ですが、私はここ半年でやっと「そば」の美味しさが理解できるようになりました。以前は「そば」の事を「つまらねぇ喰いモン」と思っていましたが、半年くらい前の風邪で食欲が減退している時に、安曇野のSAで「わさびそば」を食べてから、何故だか、とにかく「そば」の美味さを知りました。もちろん「2口食べたらもう終わり」な高級そばに興味はありません。「そば通」の方々には恥ずかしい限りですが、安くて、美味くて、量が多い、そんな「そば」が好きです。スイマセン、ゴメンナサイ。そんでO君もそのようです。嬉しい。さすが傾奇者だ。「そばの天使」が微笑んでるぜ。たらふく食べた私達はいったん引き上げます。少し休むことにしました。マルフジ歯科医院の2階で、O君はビールとざるそばでふくれた腹をさすりながら、「苦しいわっ、いっぱいだわっ、おなかの中が『そば祭り』だ」、なんてぼやきます。つらくも満足そうです。良かった、良かった。少し麦酒を追加して、家の前の山と川を眺め、もう少し麦酒を追加して、夕方になってO君が帰る頃になりました。寂しいけれどお別れです。また来てね。

              

 

              

 

 O君を松本駅まで送ります。電車の時間まであと50分ありました。駅近くの昔ながらの喫茶店に入ります。私は麦酒を注文、O君はチョコレートパフェを注文。んっ、何で「チョコレートパフェ」なんだ。「ワッフルとパフェのどちらにしようか迷ったんですがね、パフェにしました」。知らんがな。「あぁー甘い、すんごい甘い。お腹痛くなりそうだなぁ。ふふっ」。知らんがな。「電車の中では麦酒を呑みますよ、呑んじゃうよー」。知らんがな。でも楽しかったからまた来てね。

 

              

 

 余談

 その日の晩、O君から電話です。「無事帰りました。お世話さんです、また行きますよ。ところでね、帰りの新幹線の車中で、軽井沢の辺りで、なんかムカつくオシャレな奴らが乗車してきたんですよ。そんでね、なんかお洒落な会話とかしやがって、こっちは腹が立って、しかもオレは酒クセェし、デッキの方に行ってやりましたよ。あぁー、思い出しても腹が立つ」。それは「逃げた」、もしくは親切にも「気を使った」んじゃないですか。「えぇー、そんなンと違いますよ。でもなぁ、なんか全部嫌だよなぁ。『お洒落な奴』とか嫌だなぁ」。知らんがな。

 また来てね、ですよ。

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

dancing in the street
dancing in the street (JUGEMレビュー »)
Martha Reeves & The Vandellas

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

仁輪加
仁輪加 (JUGEMレビュー »)
サンハウス,柴山俊之,鮎川誠

recommend

recommend

recommend

recommend

第3回全日本フォークジャンボリー’71
第3回全日本フォークジャンボリー’71 (JUGEMレビュー »)
オムニバス,岩井宏,なぎら健壱,加川良,吉田拓郎,六文銭,あがた森魚,野沢享司,高田渡,岡林信康,遠藤賢司

recommend

recommend

伝説のデルタ・ブルース・セッション1930
伝説のデルタ・ブルース・セッション1930 (JUGEMレビュー »)
サン・ハウス&チャーリー・パットン

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

川本真琴
川本真琴 (JUGEMレビュー »)
川本真琴,石川鉄男,岡村靖幸

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM